ブログ一覧

LAPHROAIG 10year SCOTCH・SINGLE・ISLAY・MALT・WHISKY

ラフロイグ10年 スコッチ・シングル・アイラ・モルト・ウイスキー

ra10

日中の暑さとは違い、深夜から朝にかけては過ごしやすいですね。
こんな時に風邪をひいてしまわないように・・・ですね♪

今日は独特の癖を持ったお酒を紹介します。

言い遅れましたが、
岡山市北区 中央町の
バー・イングルヌックです。

 

それでは早速。

薬品臭い、口内消毒液、タールのようという鑑定家もいて
好き嫌いがはっきりと分かれるウイスキーです。

スモーキーでピート臭が強く、海藻の香りがあり、アイラモルトの特徴をよく表していますが、慣れない人には飲みにくいかもしれない・・・
(製造工程の中で大麦麦芽の成育を止める為に使う泥炭からくる香り)

ただ、モルトウイスキーの巨人的存在で、愛好家の棚にはなくてはならない1本であると言えるでしょう。

蒸留所は静かで美しい入り江に面して建てられていて、その建物の美しさはスコットランドの蒸留所の中でも、1位2位を争うとまで言われています。

LAPHROAIGとは、ゲール語(スコットランドの原住民の言語)で、
「広い入り江の美しいくぼ地」と言う意味となります。

創業は1815年とアイラモルトとしては古くからあります。
時を経て、1950~1970年代に、
ベッシー・ウイリアムソンという女性が蒸留所の所長を務めていたのですが、
これはスコッチの長い歴史の中でも初めてのケースだったという事です。

ベッシーは60~70年代にかけて大改修工事の陳頭指揮をとり、
後に「ラフロイグ中興の祖」「ラフロイグのファーストレディー」として人々に慕われました。

今日のラフロイグの名声は、ベッシーに負うところが大きいだろうと言われています。

品質の安定、向上の為にしている事として、他の蒸留所が専門業者に任せている、
フロアモルティングという工程を自ら行い、仕込みに使う水を採取する川の周辺の土地をし、
水質を管理するなど、細心の注意を払っているということです。

ra10-2

すごく個性がありますが、是非一度、味わって頂けたらなと思うウイスキー
それがLAPHROAIGです(^▽^)

 

SketchGuru_20160129004528

それでは、今宵も皆様のご来店、心よりお待ちしております。
バー・イングルヌックマスター(愛称たけちゃん)若干49歳でした(^^♪

 

 

 

 

 

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。